読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

STM32でUARTをやってみる5(MicroShell

こんかいもUARTのネタです中村さん作のMicroShellの話でございます。中村さんは一度SignalBottomでお会いしたことがあるのですがとにかくすごい方です。 こだわりがコードにも表れてます。(このこだわり!詳細は本人blogへshinta-main-jp.blogspot.jp んで…

STM32でUARTをやってみる4(Chanさんのxprintf)

今回はやっとこの話題を書いていく。 uart_getc uart_putc uart_puts が必要なのでそれを読んでほしいgsmcustomeffects.hatenablog.com Xprintf 組み込み用printfモジュールである。 まあ組み込みだと素のprintfが使えないことが多いしましてやUARTに吐くと…

STM32でUARTをやってみる3

前回と前々回でUARTのくっそ簡単な送受信について書いたんだけど今回はグローバル変数いちいち作るのダサいしそんなのあんましつかわんよね見たいな感じだったので LPCマイコンのAPIで用意されてるやつをSTMでも作ってみようということで uart_getc uart_put…

STM32でUARTをやってみる2

はじめに 前回はすごく簡単なUARTのHelloWorldをやったので今回は受信とかやってみようと思う。ちなみに前回の記事はコレgsmcustomeffects.hatenablog.comCubeMXの設定は前回と同じ Ac6での作業 今回やること 'a'を受け取ったらボード上のLEDが点灯 'b'を受…

STM32でUARTをやってみる1

今回は自分用メモでUARTのやり方を書いていく 環境は ボード:Nucleo32 STM32F303 IDE:Ac6 SystemWorkbenchforSTM32 を使うちなみにCubeMXの使い方は結構省いてるのでほんとの初心者はこの辺読んでくださいgsmcustomeffects.hatenablog.comgsmcustomeffects.h…

(自分用メモ)STM32のベーシックタイマー(TIM6/TIM7を使う)

Basic timer (TIM6/TIM7) 見出しの通りベーシックなタイマである。 STの中では一番チープなタイマである。(つか他のが高機能かつ複雑怪奇w 16-bit オートリロードアップカウンタ 16-bit プログラマブルプリスケーラ(1-65535) Interrupt/DMA generation o…

STM32F030F4P6でLEDをちかちかするお

前回に引き続きSTM32の記事です。まあTwitterにいるAlibaba所属のAliexpress芸人のあんばらくんが書けよちんカス!って煽ってくるのでびくびくしつつ書いてます。がれすたさん、「おくさまがSTM32!」ってタイトルのリシーズで記事まとめないかなぁ— あんばら…

STM32F103C8T6をHALで使ってみる。

ででん! とりあえず仕様から Model: STM32F103C8T6. Core: ARM 32 Cortex-M3 CPU. Debug mode: SWD. 72MHz work frequency. 64K flash memory, 20K SRAM. 2.0-3.6V power, I/O. Reset(POR/PDR). 4-16MHz crystal. 簡単に言うとArduinoNanoサイズのCortexM3…

SW4STM32でCould not be resolvedエラーの対処方法

ここ最近STM32を初めて楽しく遊んでいる僕ですが便利ツールであるCubeMXが吐きだすプロジェクトをインクルードしてビルドするとエラーが・・・・・ そんなの知らんて!!んでいろいろ調べてて僕なりに対策方法見つけたので紹介します。まずプロジェクト上で…