読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

Web開発IDEについて

Web開発環境 ホームページ

ここ最近Web更新をする機会が結構多いのですが、開発環境を色々変えたりしているのでそれについていろいろメモ。
IDEというかエディターみたいな感じだ。

まあ上げてみればこんな感じか。
個別解説は別途やることにして今回はめちゃくちゃ簡単にコメントしていくことにする。

AtomEditer

atom.io

Githubが公式でリリースしているエディター。
github公式だけあってgit関連のプラグインが結構充実していていい感じである。
ただ起動が若干重いかなぁという感じです。
あと各種設定がjsonになるので慣れてる方ならむしろいじりやすいのかもしれない
Web開発という視点から見ればFTPプラグインもあるのでいい感じかもしれない。
ちなみに僕はArduinoの開発を行う際このエディターを使っているので一括にまとめたければこの選択肢はあるかもしれない。

Brackets

brackets.io

Adobe社がリリースするHTML、CSSJavascriptように特化したエディター兼IDEである。
主な機能に

などがある。
コード補間はファイルパスまでやってくれるのでかなり使いやすいなぁという印象です。

Sublime Text

https://www.sublimetext.com/3

知る人ぞ知るテキストエディターですね。
こちらも結構プラグインが充実しているので、なんかに特化したカスタマイズもできるかと思うのでこちらもメインとして使えそうですね。

VisualStudioCode

code.visualstudio.com

Microsoft純正のエディターでとにかく軽い印象がある。
MacWindowsLinuxと多数プラットフォームに対応しておりかなり好印象
その他機能は以下の通り

  • Markdownエディターとして使える
  • javascript(Node.js)のデバッグ機能がある
  • Typescriptに対応
  • javascriptのLintが有効
  • Git連携も問題なし

こちらもBracketsと同等に使える開発環境だと思う。

Dreamweaver

www.adobe.com

DreamweaverAdobe社がCCでリリースしている有料ソフトウエアなんですが、Web特化型ソフトウエアなのでかなりの機能が詰まっています。
基本マウスで色々配置したりできるのでHTMLをじかに打つ必要があんまし必要ないので便利ですね。
まあ有料なので仕事に使う以外は選択肢はないかなぁという感じです。


NetBeans

ja.netbeans.org

無料で使えるIDEです。
統合開発環境なので初期でFTPなどいろいろな機能がついています。
主な機能は以下になります。

  • リアルタイムエラー表示
  • gitのように差分解析、履歴表示
  • コード保管機能
  • PHP開発

リアルタイムエラー解析はXcodeのようにリアルタイムに構文のエラーを表示してくれます。

差分解析は、gitの履歴表示などみたいに過去のコードに戻すような機能も付いています。

コード補間機能はエディターなら結構定番ですがこれはXcodeみたいにプルダウン形式で表示されるのでかなり見やすいです。

PHP開発にも対応しているのでサーバー側で動作するプログラムも開発できちゃうというわけです。

全般的にレビューすると結構上級者向けな気がしますね。
初心者がコードがっつり書くわけないですしね。。。。。

Aptana Studio

http://www.aptana.com/index.html

EclipseベースのWebIDEですね。
HTML5 CSS3にも対応してるみたいですね。

テンプレート選択で結構楽にプロジェクトを作れそうです。
その他IDEに必要な機能はそろっているらしくて結構いい感じですね。

まとめ

今回簡単に各WebIDEについてレビューしましたが最近は結構選択肢がありますね5年前なんてAdobeがぶっちぎっていましたし今はDreamweaverに劣らない無料ツールまで出てきていますしいかにインターネットが普及したかわかると思います。

結局どれ?

単なるWebサイト制作に絞るならBracketsがいいかなぁと思います。
HTML、CSSjavascriptのコーディングには申し分にはない機能がありますしFTPでのアップロードもプラグインが結構あったりでかなりいいのがあるのでいいと思います。

今後いろいろ使ってみて個別にレビューしてみます。