読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

昇圧型電源を試した(NJW4131)

電源回路

今回は秋月電子で売っているNJW4131を搭載した電源キットを試したのでそれの記事です。

f:id:gsmcustomeffects:20160402230751j:plain

使用されているNJW4131は昇圧型スイッチングレギュレータICですね

簡単にいうとスイッチ素子のMOSとゲートドライブ回路が一緒に入ってる簡単にDCDCコンバータをつくれる便利ICです。

基本DCDCを作るときはMOSFETの選定。ゲート駆動回路。スイッチング周波数の決定などいろいろめんどくさいのですがこういったICでは外部素子で出力を決めれたりするので結構便利です。


NJW4131のデータシートはこちら
http://akizukidenshi.com/download/ds/jrc/njw4131.pdf

リファレンス回路は以下のような感じです

f:id:gsmcustomeffects:20160402231750p:plain

キットの仕様(ICの定格を含む)は以下のようになっています。

  • 出力電圧範囲:4~30V
  • 入力電圧範囲:4~30V(入力電圧<出力電圧)
  • スイッチング周波数:700kHz
  • 効率:92%(入力12V、出力24V、電流0.1A)

スイッチング周波数が700kHzなんでまあオーディオに使っても聞こえないと思うけどあんまし推奨されてないのでそこんところは試してみてくださいとしか言えませんw

ちなみに入力は結構広範囲で出力は30Vまで上がるんでエフェクターには結構いい感じなんですよね(だからスイッチングノイズがね←知るかそんなのっ!

組み立てと動作確認

というわけでいろいろ半田づけして動作確認してみた。

キットの回路はこんな感じらしい。

f:id:gsmcustomeffects:20160402231718p:plain

ちなみにキットはほとんどの部品が実装済みなのでうれしい限りだ


f:id:gsmcustomeffects:20160402234204j:plain

電圧をあげてみたときのテストの様子

f:id:gsmcustomeffects:20160402234253j:plain


入力5V電源に対して25Vの電圧が出ている。
エフェクターに使う分には数mA程度なのでいいのではないかと思う。(だから・・・・・

まとめ

とりあえず試すだけはできた。
今度は自分でアートワークも引いてみて放熱パッドの設計もやってみたい。

この類のICは新商品がすぐ出るのでできるだけ新しいのを使って効率重視を狙うのもありかもしれないとおもったガレスタさんであった。
本日はココまでではサラバ!