読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

図解でわかるはじめての電子回路の紹介

書籍紹介

ガレスタさんのおすすめの書籍ってありますか?って質問が多いのでそれにこたえたいと思います。



んでまあ今回紹介するのでタイトル通り初めての電子回路という本ですね。(実質快楽天とか答えたいとこなんですが

図解でわかるはじめての電子回路


f:id:gsmcustomeffects:20160406230856j:plain

内容を簡単に説明すると

  • 部品の仕組みから解説している。
  • トランジスタで100ページ近く書いてある。
  • オペアンプも数式ありきで説明されている。
  • 実用回路集ではない

みたいな感じです。

まあ一冊読めば電子回路こんなもんかってのが簡単につかめると思うのでお勧めですね。

実用回路とかを知りたければトランジスタ技術とかそれ関連の本読めばいいので併用していろいろ情報整理していくのがいいと思います。一方エフェクターに限るとこれはいらない。これは使わないという情報もいっぱいあるのですがそんなのが初心者にわかるはずもないと思うので何でもいいので一冊きっちり読んでみて何が必要なのかを考えてみるのもいいかもしれません。


まとめ

いろいろ紹介しましたが今はSPIのエフェクターの設計の本も出ているぐらいだしそっち買って読んでもいいかもしれないです。(僕はもってないので何も言えませんが・・・・

それにあくまでこの本はダイオードの構造、トランジスタの構造から説明しているので大枠をつかむというための本ですのでエフェクターに限ると個々の部分が少し足りない気もします。なのでそこら辺はフィルター回路、電源回路とかいう感じで分野ごとの資料探して読むといいと思います。

最後に

これは何回もいってますがいろいろ読むのがほんとに重要です
特にトランジスタ技術なんかは勉強用じゃなくてネタ探しとして読むのが面白いです。トラ技専門用語のキーワードがいっぱい出てくるのでそれを自身で検索したりして学ぶってのがいいんじゃないでしょうか?

というわけで今回は入門書の紹介でした。