読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

Mbed→LPCXpressoエクスポート(LPC1114)でのメモ

LPC1114 LPCXpresso

以前ARM株式会社のわたらいさんに対応していただいたのですが記事にしていないことを忘れていたので自分用にメモ書き残しておく事にします

まず問題点
同じ事例があったので紹介します
mbed LPC1114のコードをLPCXpressoでBuildするとエラー - Question | mbed

簡単にまとめると

  • エクスポート段階で含まれてないファイルがあるのでエラーが出る
  • リンカスクリプトの修正の必要がある

前者は改善されましたが僕のほうでビルドした時に後者のエラーにぶち当たったのでリンカを若干いじりました。

なのでldファイル(リンカスクリプト)の4行目を以下のように修正

f:id:gsmcustomeffects:20160507140031p:plain

あとプロジェクトのプロパティを開いてC/C++Build -> Setting -> ToolSettingタブのMCUCompiler->Miscellaneous
f:id:gsmcustomeffects:20160507140249p:plain


f:id:gsmcustomeffects:20160507140943p:plain

LibraryHeaderをNewlibかNanolib選んどかないとデバッグ状態のスタートアップコードでこけます(これは僕の環境のせいかもしれない)
この辺はAutoって書いてあるので問題ないかもしれないけど同じような症状が出たら教えていただけると幸いです。



余談

めんどくさい方はオンラインコンパイラでバイナリ吐いて書き込みだけXpressoのProgramFlash使えばいいと思います

f:id:gsmcustomeffects:20160507141313p:plain


ちなみにLPC1114FBD48パッケージでも使えるみたいなのですがFN28パッケージとは違いSRAMの容量が8KB使えるのでリンカ修正しとくとその分いい感じに使えると思います。