読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

KiCadとCircuitMaker使ってみた感想

CircuitCAD CircuitMaker KiCad

今回は無料EDAツールであるKiCadとAltiumCircuitMakerをちょいちょい使ってみたのでそれの使用感について述べていこうと思う。

まずはKiCad

kicad-pcb.org


これは電子工作界隈で最近使用者が増えてきているCADですね

基本的な機能は回路図、レイアウト、ガーバー出力といって結構使えるソフトです。

特徴としてはフリーで使える。基板サイズ制限なし、回路図複数枚シートOKなど結構レベルの高い設計にも対応しています。

また3D Viewも付いているので重宝しています。

次にCircuitMaker

workspace.circuitmaker.com


Altium社が提供しているクラウド型のCADですね

基本的な機能はAltiumDesignerから来ているのでかなり高機能です。

基本的に無料なんですがプロジェクトをオープンにする必要があったりするのでクローズプロジェクトを作りたい場合はちょいと厳しいかもしれません。

簡単に比較

機能 CircuitMaker KiCad
提供および開発 Altium CERN
作業体系 クラウド オフライン
ライブラリの充実度 かなり多い ものによるが基本的にOK
ドキュメント充実 まだ少ない かなり作例も多い(書籍もあり
日本語対応 ×

簡単に比較するとKiCad分配が上がる状態だと思います
回路図書いてアノテーションしてlayoutするという感じは同じなのでどっちつかってもいいと思います。

ただKiCadの場合回路シンボルとフットプリントの割り当てが別々なので注意が必要です。
この辺は作るものによっては簡単にフットプリント差し替えできるので便利だったりもします。

CircuitMakerは型番で部品指定するので発注は楽なのですが結構融通効かないとこもあります。

コラム:簡単にCircuitMaker特有機能の紹介

UIに関しては結構モダンなのでかっこいいかなと思います
回路図
f:id:gsmcustomeffects:20160605012056g:plain

レイアウト図
f:id:gsmcustomeffects:20160605013111g:plain

ライブラリは基本OctoPartsリンク式
f:id:gsmcustomeffects:20160605012652g:plain

もとから用意されているパーツはPLACEをクリックで置くことができるしなければBUILDで自分で作成することも可能
作成の際の詳細情報はOctoPartsから勝手にリンクしてくれるので作業者は回路シンボルとフットプリントを選ぶだけで良い

特殊なフットプリントでなければほかのパーツから持ってくることもできるので5分位で一個の部品を作ることができる。

KiCadの場合ライブラリ関連は結構複雑なので慣れるまで結構大変だが慣れてしまえばあんまし変わらないかなという感じ
EAGLEよりかははるかに便利だとは思う。

CircuitMakerにはIPCツールがついてるのでない奴でも基本的には生成してくれる機能がある
f:id:gsmcustomeffects:20160605013353g:plain

この辺がかなり便利なのでここぐらいが勝ってる点といえるのかな・・・・・

まとめ

ここんとこインプレッションのためにCircuitMakerに関してのつぶやきだったり説明が多かったけど
実際KiCadめっちゃ動作軽いし今のところはKiCad使うのが利口かもしれないよとおもったのであった