ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

LPC11u68の割り込みについて調べる(1)

LPC11u68にはピン割り込みとパターンマッチエンジン割り込みというのがある

Pin interrupts

  • Up to eight pins can be selected from all digital pins except pins PIO2_8 and PIO2_23 as edge- or level-sensitive interrupt requests. Each request creates a separate interrupt in the NVIC.
  • Edge-sensitive interrupt pins can interrupt on rising or falling edges or both.
  • Level-sensitive interrupt pins can be HIGH- or LOW-active.
  • Pin interrupts can wake up the part from sleep mode, deep-sleep mode, and power-down mode.

簡単に訳すと
PIO2_8~PIO2_23を除く全てのデジタルピンで8個までのピンを指定可能
割り込み要求はNVICから分離される
rising edge,falling edge両方も指定可能
HIGH,LOW両方でトグル可能
deep sleep,power downから復帰可能

Pin interrupt pattern match engine

  • Up to 8 pins can be selected from all digital pins except pins PIO2_8 and PIO2_23 to contribute to a boolean expression. The boolean expression consists of specified levels and/or transitions on various combinations of these pins.
  • Each minterm (product term) comprising the specified boolean expression can generate its own, dedicated interrupt request.
  • Any occurrence of a pattern match can be programmed to generate an RXEV notification to the ARM CPU as well.
  • The pattern match engine does not facilitate wake-up.

PIO2_8~PIO2_23を除く全てのデジタルピンで8個までのピンを指定可能
ブール式はANDやORの様々の状態の遷移で構成されています
各最小項は独自の専用の割り込み要求を発生させることができる指定されたブール式を構成する
パターンマッチのいずれかの発生は、同様のARM CPUにRXEV通知を生成するようにプログラムすることができます
*ここで言うRXEVはARMの命令でWFE命令からのウェークアップを引き起こすもの
パターンマッチエンジンはwake upを促進するものではない。よってスリープ復帰というよりはループ中にある条件がそろってしまったときに割り込み発生的な感じで使ういわば安全装置的な使い方がいいと思った。