読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

LPCXpresso V2 Boardジャンパーについて

ここ最近LPCXpressoボードで開発する人が増えてきたので簡単にボードの解説をしようと思います

まずLPCXpressoボードはデバッガ側とターゲット側に分かれた構成をとっています

ボードの概要を以下に示します

f:id:gsmcustomeffects:20160812075343p:plain

見ての通り通常使用時はデバッガ側のUSB端子に接続して開発を行います

またデバッガはオンボードターゲットと外部ターゲット両方のデバッグに対応しています
それにはジャンパーを差し替えて設定してやる必要があります

参考画像を示します

f:id:gsmcustomeffects:20160812075554p:plain

説明の通りボード上には3つのジャンパーがありそれらを設定することにより外部ターゲットとオンボードターゲットを切り替えてデバッグすることができます。

オンボードターゲットに対してのデバッグの場合

オンボードデバッグ時はJP2の2-3をショートします

外部ターゲットに対してのデバッグの場合

外部時はJP2の1-2感をショートします
デバッガ側から電源供給する場合JP1もショートします

※外部ターゲットデバッグには10ピンのハーフピッチconnecterが必要になりそれは評価ボードには付属しないので別途購入する必要があります。
f:id:gsmcustomeffects:20160812080001j:plain

ストロベリーリナックスさん
1.27mmピッチ10Pフラットケーブル(15cm) - ネット販売


秋月電商さん
akizukidenshi.com


で購入できます