読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

CircuitMaker階層回路図の操作

久々にまともなTips

階層回路図のやり方

  1. 階層にしたい回路を作る
  2. 親シートを作る
  3. シートシンボルで作成
  4. シートの読み込み
  5. ラベルエントリ

回路図の作成は簡単なのでシンボルの作成から

シートシンボルの作成

上部メニューからシートシンボルの作成

f:id:gsmcustomeffects:20170203203053p:plain

シートをダブルクリック→シートの読み込み

f:id:gsmcustomeffects:20170203203136p:plain

そうすると親回路図の下に入るのであとはグローバルラベルを引き出していく
僕の場合GPIOをまとめて引きだしているのでそれが該当する。

ラベルエントリ

下の階層でこのような感じにグローバルラベルを配置しているのでそれらを選んで配置していく

f:id:gsmcustomeffects:20170203203436p:plain

エントリをクリック

f:id:gsmcustomeffects:20170203203247p:plain

ラベルが配置し終わるとこんな感じだ

f:id:gsmcustomeffects:20170203203518p:plain

あとはラベルをダブルクリックして下の階層のグローバルラベルを選んでいく

f:id:gsmcustomeffects:20170203203607p:plain

ざっとこんな感じになる

f:id:gsmcustomeffects:20170203203710p:plain

まとめ

以上で階層シートを使った一連の流れがつかめたと思う。
読み込み形式でエントリできるのは使いやすいと感じた


また階層シートをクリックする際Ctrl+ダブルクリックで下の階層シートを開くこともできるのでこのショートカットはぜひ覚えておくといいだろう
f:id:gsmcustomeffects:20170203204053p:plain