読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

KiCadのインタラクティブ配線

いんたらくてぃぶ?

KiCadには配線を効率化する機能がいくつか備わっている。
今回はそれを見ていこうと思う

押しのけ

名前の通りこの配線を

f:id:gsmcustomeffects:20170222033505p:plain

邪魔や!お前ってできる機能

f:id:gsmcustomeffects:20170222033519p:plain

いままで消して再度配線してた作業がなくなる
使いどころによるが結構便利

衝突ハイライト

こっちは押しのけじゃなくてデザインルール的にイケないとこを緑でハイライトしてくれる機能です。
押しのけはたまにバグって配線が汚く整列されちゃうので一本だけ直したいときなどに有効です。

f:id:gsmcustomeffects:20170222033835p:plain

話を戻す

んでこういった機能は描画キャンパスをOpenGLにして上部メニューのインタラクティブルータを選ぶことで有効にできる。

f:id:gsmcustomeffects:20170222034009p:plain

たまーに配線途中で配線機能を切り替えたい時がある
それは右クリで配線メニューを出せる

昔は右クリメニューの配線オプションで設定しても有効にならなかったのだがいまはまともにできるようになった。(Verによってはバグがあるかも?

なので配線途中でEキーを押すと途中で配線オプションの変更ができる。

f:id:gsmcustomeffects:20170222034458p:plain

インタラクティブドラッグも結構便利

通常のドラッグではパーツ一個一個が移動してしまうがインタラクティブドラッグを使うと結構楽に配線を移動したりできる。
これは配線を通したいときにスペースづくりに役立つだろう

f:id:gsmcustomeffects:20170222035319g:plain