ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

ZOOM MS50gのハードウエア構成を見てみる

僕のブログではこんなことやったりして普通の使い方と違う使い方をやっていますが・・・・・


gsmcustomeffects.hatenablog.com


今回も普通の使い方というより教材として使う的なニュアンスでみていこうと思います。

まず全体図

f:id:gsmcustomeffects:20170806152921j:plain

メイン基板と各種スイッチ基板やらがフレキシブルなやつでつながれてますね

ちなみにZFXとか書いてありますがTIのDSP(TMS320C6745)ですね。
f:id:gsmcustomeffects:20170806153024j:plain

スペックはこんなもん

f:id:gsmcustomeffects:20170806153202p:plain

次に裏面を見ていく

f:id:gsmcustomeffects:20170806153238j:plain

いくつかのICがのっている

拡大してく

f:id:gsmcustomeffects:20170806153307j:plain

ADCは現シーラスロジックのWM8782

スペックはこんなもん

f:id:gsmcustomeffects:20170806153442p:plain

DACはTIのPCM5101だが現在は新規設計に非推奨らしい・・・

f:id:gsmcustomeffects:20170806153632p:plain

その他RT9971AとかいうマルチCH電源とFIDELIXのシリアルメモリがついてる。

SDRAMはEtronTechの4M x 16 bit Synchronous DRAMがのってる。

まとめ

結構しっかりしてる・・・・・

というかこれだけのスペックで9000円ぐらいとかしゅごい