ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

STM32のタイマークロックについて

ここ最近タイマーを結構使うようになってクロック源について悩んだのでメモ

僕が普段使っているSTM32F7のタイマーのクロック源としてはAPB1、APB2の二つがある。


んでCubeでクロック設定をしている僕は気にしていなかったのだけどたくさん使うようになってどれがどこからもらってきているかがわからなくなった。
そんなわけでメモを残す。

うだうだ言ったけど結構簡単でRCC関連のレジスタをみれば書いてある。

f:id:gsmcustomeffects:20170827085138p:plain

f:id:gsmcustomeffects:20170827085206p:plain

ここに書いてある通りに割り振られてるのでCubeでこの辺いじると各種タイマーがどうなるのかわかると思う。

f:id:gsmcustomeffects:20170827085307p:plain

あと注意するのがRCC_DCKCFGR1レジスタのタイマークロックプリスケーラ(タイマーのカウントプリスケーラとは別のやつ)のビットをいじった時はこのへん読む

f:id:gsmcustomeffects:20170827085712p:plain