ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

Onshapeシートメタル機能について(Extrude機能を使った例)

前回は押し出しで作った長方形を板金モデルに変える方法を紹介したが今回は線モデルをSheetmetalのExtrude機能を使ってやってみる例です。

前回の記事は此方
gsmcustomeffects.hatenablog.com

線モデルを作る



というわけで今回は前回作った箱の下を作っていこうと思います。(寸法はあとあと微調整するので前回の箱とあわないかもなのでそこはご了承ください

まずは線ツールでこのような外形を書きます。
そのあと適宜拘束を入れたりして満足いくまで作りこみます。
f:id:gsmcustomeffects:20180410222716p:plain

シートメタル

次にシートメタルボタンを押します。
前回はConvertを用いましたが今回はExtrudeを使います。
Sketch curves to extrudeで板金にしたい線分を選択します。
f:id:gsmcustomeffects:20180410223114p:plain

depthはここのこと
f:id:gsmcustomeffects:20180410223817p:plain

んでここが注意thicknessの矢印で押し出し方向が決まる。
外側押し出しだとこうなる。
f:id:gsmcustomeffects:20180410224509p:plain

一方内側だとこう。
f:id:gsmcustomeffects:20180410224650p:plain

実際は出来上がりの寸法で拘束できたほうが便利なので内側のほうがいいと思う。
厚身分内側に行くわけだしそうなるわな。
んでとりあえずここまでできました。
f:id:gsmcustomeffects:20180410224955p:plain

穴の追加

次に側面にねじを切っていく

まずSketchを新しく作成する。
この時スケッチ平面を先ほど作った板金モデルの側面にするのがポイント。
f:id:gsmcustomeffects:20180410225220p:plain

次に円を書いていく
円ツールで円を適当な位置に配置して寸法拘束で位置を確定する。
f:id:gsmcustomeffects:20180410230405p:plain

次にホールツールでタップを追加する。
f:id:gsmcustomeffects:20180410230714p:plain

ちなみにスルーにすると反対側まで貫通しちゃうのでBlindを推奨

反対側も同様にして終了
板金の場合バーリングタップのほうがいいんだけどその辺の機能がないみたいなのでStandardメニュでカスタムでカウンタボア作ってやるか図面にコメントで入れとくとかするといいと思います。

まとめ

  • 板金のExtrude機能でパーツをつくれた。
  • タップのやり方を説明した。