ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

フラックスとフラックスクリーナーのあれこれ

趣味の範囲で表面実装部品あつかうと手付けが多いんですがその際フラックスを結構使うことが多いです。
フラックスは一般に金属表面の活性剤として機能する薬品です。
調べれば出てきますけど有機酸などの添加物が金属表面のO結合を取り除くことで金属表面酸化物を取り除いています。

いかに主な市販品を並べてみます。

液体フラックス

フラックス(画像クリックでリンク

大容量フラックス(画像クリックでリンク

通常のリード部品のフラックスアシストなら液体が楽です。

ゲルフラックス

普通Amtechの偽物が多いんですがパッケージも得に誇張してないので信頼できそう
https://ja.aliexpress.com/store/product/Free-Shipping-solder-paste-100g-Flux-Paste-for-BGA-soldering-station-Solder-Tin-Cream/2942090_32825534891.html?spm=a2g11.12010108.1000016.1.1fff3dc8OtIc6v&isOrigTitle=true
f:id:gsmcustomeffects:20181118065006p:plain

RMA-218(おそらく偽物?だけど普通に使える
f:id:gsmcustomeffects:20181118065142p:plain

NC-559とNC-223(NC-223はAMTECH本家のRMA-223のパクリ?
f:id:gsmcustomeffects:20181118071445p:plain

色は違うけどどっちもNO Cleanのものらしい
どっちもSn63/Pb37、Sn42/Bi58に対応してるので趣味で変える半田使う分には関係ないみたい。

ちなみに多少高いけどAMTECH Directっていう販売サイトで本家のが買える
AMTECH Solder Flux - Genuine Flux - Factory Price
本家では水洗浄できるのも売ってるので超音波洗浄機もってる人は純水でいけそう
このVS-213-A-TF No-Clean ってやつはSn42/Bi58, Sn42/Bi57.6/Ag0.4, Sn43/Pb43/Bi14, Sn62/Pb36/Ag2, Sn62.8/Pb36.8/Ag0.4, Sn63/Pb37, Sn60/Pb40, Sn96.5/Ag3.0/Cu0.5, Sn99/Ag0.3/Cu0.7, Sn96.5/Ag3.5, Sn99.3/Cu0.7, Sn95/Sb5, Sn95/Ag5とかなりの半田に対応している。 ぬれ製の改善だったりで銀入りを使う半田も増えてきているのでこういったのに対応しているのはうれしいのかもしれない。
f:id:gsmcustomeffects:20181118072549p:plain

一方でAmtechのなかでもUltra low voidingとうたっているのでボイド*1も少なくできるのであろう

RMAってのはMIL規格の中で規定されている樹脂系フラックスのことで

  • R:活性剤を含まないもの。腐食の原 因となる化学物質を含まないため、電子素子など高い信頼性を必要とされる場合に利用される。
  • RMA:フラックスのはんだ付け能力を高めるために、少量の活性剤を加えたもの。3種類の中で、信頼性・はんだ付け性ともに中間に位置する。
  • RA:RMAよりさらに多くの活性剤を加えたもの。より良好なはんだ付け性が必要とされる場合に利用される。

活性剤には有機酸、アミンなどが使用される。

洗浄剤について

次にフラックスを洗浄するための洗浄剤の話
洗浄剤は一般にはIPAなどをはじめ有機溶媒が用いられていたのですが結局プラスチックパッケージなどを犯すために代替フロン(アサヒクリンとかそのへん)とかが使われるようになったらしい
実際アサヒクリンをはじめハイドロクロロフルオロカーボン系は6000円ぐらいするので高いです。

なので個人メイカーだと無水エタノールを使用することが多いみたい。
無水エタノール(画像クリックでリンク

これは量が多くてそれなりに落ちるんですけどまあ白い粉が吹く(フラックス結晶の晶析?)のでなんかしら強力な溶媒でさらうなりしないと落ちないですね。
実際一回でも洗浄してれば腐食リスクはかなり下げれるのでいいっちゃいいんですけど見た目気にするならフラックスクリーナー使うかなって感じですね。

フラックスクリーナー(画像クリックでリンク

これ結構落ちますね。 その分匂いもきついんですが・・・・

そんなわけで僕はエタノールで軽めに落として最後こいつでスプレーして落としてる感じです。

ぶっちゃけると別に試作なら何やってもいいので含水率低い有機溶媒使えばいいかなって感じ

ネオエタノールP-7 [14kg] 大伸化学株式会社(画像クリックでリンク


*1:はんだ間にできる空洞のこと、クラックや劣化の原因ともなる。資料としては株式会社クオルテック様のPPT資料がためになる