がれすたさんのDIY日記

電子回路、Python、組み込みシステム開発、自作エフェクターを語るblog

日記

最近STM32ネタかけてなくてすいません。
やって行きたいものに関しては決まっていて

  • Memory to memory DMA
  • VFPU命令の確認(SP、DP)
  • SIMDに関して
  • SDカード関連

こんなかんじです。

一方でi.MX RT1020でやりたいことも結構あって

  • DMA Manager
  • USB CDC
  • I2C
  • UART
  • SAI(FIFOの使い方)

この辺ですかね

RTラインナップがふえている!?

RTシリーズ結構増えてきてるみたいですね。
f:id:gsmcustomeffects:20181124035232p:plain

1064は内蔵ROMになったぽいけど内部バスがQuadSPIらしいので実行はXIPになるのかな?
RT685のほうはデュアルコアなのでその辺どうなるのかなっていう

CortexM33のコプロセッサバス機能を利用したPowerQuad hardware acceleratorとか地味に気になっている。
先日のET2018ではさっそくデモ展示が行われておりARMの渡會さんのつぶやきでこのような画像が。

これはLPC5500(マルチコアマイコン)だがRT685に実装されるPowerQuadと同様なものなので同じように解釈してもよさそう。
肝心なスペックだがサイクルを見ても10倍以上速いことになる。
FFT 512が35usで回るというのならかなり期待だ。

これについてあまり詳しくない方もいると思うので
補足するとオーディオの場合は48kHzとかで信号処理を回すと思うんだけど一個当たりのデータ処理に使える時間は約1/48000 = 21usとなる。
ブロック処理にした場合21us * 512分だけ処理時間として用意されるのでだいぶ余裕があることになる。
はたまたLPC5500は100MHzなのでRT685の300MHzだともっと早いのかな?

Cadence® Tensilica® Hi-Fi 4 audio DSP の場合はHardware Floating Point Unit. Up to four single-precision IEEE floating point MACs per cycleとあるのでほえーってなった。
普通FPU演算は12サイクルとか使うもんだと思ったけど・・・・・

エフェクターに関して

Metriqというパラメトリックイコライザについて設計を行っている。
f:id:gsmcustomeffects:20181124042101p:plain

主な機能

  • 周波数可変(3帯域)
  • Quality factor可変
  • ブーストカット

こんな感じ。
今のところ電源を両電源にしたいんだけどなんのチップを使うか検討している最中。

というわけで日記はこんな感じ