がれすたさんのDIY日記

電子回路、Python、組み込みシステム開発、自作エフェクターを語るblog

はてなで数式やコードを扱う時のTips

自分なりに気を付けてることのメモ
編集モードははてな記法



数式について

数式を記述する際は

[tex: ]

を使うわけだが
以下のように一回書いておけばmath機能が有効になるみたい

<p style="display: none;">[tex: ]</p>

すると

\begin{equation}
y = ax + bx^2 + cx^3  
\end{equation}

\begin{equation}
y = ax + bx^2 + cx^3
\end{equation}

のように表示できる。

数式を強調したい場合

<div style="text-align: center; position: relative; margin: 0.5em 0 0 0; padding: 0.5em 1em; border: solid 4px #010938;">
\begin{equation}
x(t) = \sin \left[ 2\pi f_{1} L \exp \left( \frac{t}{L} \right) \right]
\end{equation}
\(f_{1}\):初期周波数
\(f_{2}\):最終周波数
\(T\):Swept-sineの長さ[sec]
</div>


\begin{equation}
x(t) = \sin \left[ 2\pi f_{1} L \exp \left( \frac{t}{L} \right) \right]
\end{equation}
\(f_{1}\):初期周波数
\(f_{2}\):最終周波数
\(T\):Swept-sineの長さ[sec]

こんなこともできる。

コードについて

コードは

>|python|
import matplotlib.pylab as plt
import numpy as np
import scipy.signal as signal
||<

のように書くと

import matplotlib.pylab as plt
import numpy as np
import scipy.signal as signal

表示できる。

コードが長い場合はgistなりgithubを使うなりしたほうがいいと思う

あとはコードをたたむこともできる

<div onclick="obj=document.getElementById('oritatami_part').style; obj.display=(obj.display=='none')?'block':'none';">
<a style="cursor:pointer;">▶ソースコードを表示</a>
</div>
<div id="oritatami_part" style="display:none;clear:both;">
コード内容をここにかく
</div>