読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガレスタさんのDIY日記

電子回路、Web、組み込み、自作エフェクターを語るblog

旭化成のAP1155で工作

パワーサプライ 日記 報告など 電源回路 自作エフェクター

今回はマイコンからちょいと離れてアナログっぽい製作記事です。
f:id:gsmcustomeffects:20170325042931j:plain
とりあえず新製品だし楽器用小型パワーサプライに使えそうかなと思い何個か買ってみた。

AP1155の紹介

低ノイズ

シリコン・モノリシック・バイポーラ構造の採用により、低出力ノイズ、優れたリップルリジェクションを実現しています。

大電力用途に対応

出力電流1Aを安定に供給可能です。またパッケージに放熱性の高いExposed-PAD付きHSOP-8を採用しており、大電力用途に最適です。

広範囲な出力電圧設定が可能

1.3V~13.5Vの広範囲な出力電圧設定が外付けの抵抗により可能なため使用されるセットに最適な電圧を選択することができます。

とのことです。

データ系資料

1. 入力電圧範囲 2.4 ~ 14.0V
2. 出力電圧設定範囲 1.3 ~ 13.5V
3. 最大出力電流 1A
4. 基準電圧精度 1.21V±35mV
5. 入出力電圧差 300mV at Iout=1A
6. 出力ノイズ 35uVRMS(typ.) at 400Hz ~ 80kHz
7. リップルノイズリジェクション 80dB(typ.) at 1kHz
8. 低ノイズアプリケーション対応可
9. 小型セラミックコンデンサ使用可能
10. 出力On/Offコントロール付(Active High)
11. 過電流保護機能、加熱保護機能内蔵
12. パッケージ Exposed-pad付きHSOP-8
13. 動作温度範囲 -40 ~ 85℃

製作

回路はデータシートのこの辺参考にした

f:id:gsmcustomeffects:20170325042729p:plain

電圧決定式はよくあるこの形式

f:id:gsmcustomeffects:20170325043227p:plain

コンデンサとかは0603サイズでつけました。

f:id:gsmcustomeffects:20170325043002j:plain

んでしこしこ配線してく(レイアウト適当

f:id:gsmcustomeffects:20170325043059j:plain

とりあえずこんなもんか?

f:id:gsmcustomeffects:20170325043141j:plain

チェックしてく

とりあえず12V作るやつがなかったので以前つくった卓上の簡易電圧源を利用する。
んでまあこいつの軽く説明しておくと

Lipo→XL6009のboostコンバータ→LT3080のポストレギュレーション的な?

まあ各種適当なとこから電圧とれるのでポストは使わなくてもよいようになってる

f:id:gsmcustomeffects:20170325043409j:plain

んでさっそくこいつで12V作ってAP1155に入力していく今回はギター用なので9.4ぐらい出てればいいかなという感じ

f:id:gsmcustomeffects:20170325043637j:plain

だいたいOKぽいのでさっそくKiCadで色々作っていく

f:id:gsmcustomeffects:20170325043718p:plain

こんなかんじでできてきたのであとは放熱系ちゃんとやってケースに合わせた基板外形のインポートをして終わりかなという感じ。

まとめ

  • AP1155の電圧可変ができるとこまで行った
  • KiCadのデータが6割できた
  • 今後はケースサイズと兼ね合いを見て設計していきたい

STM32でUARTをやってみる5(MicroShell

STM32 SW4STM32

こんかいもUARTのネタです

中村さん作のMicroShellの話でございます。

中村さんは一度SignalBottomでお会いしたことがあるのですがとにかくすごい方です。
こだわりがコードにも表れてます。(このこだわり!

詳細は本人blogへ

shinta-main-jp.blogspot.jp


んで簡単に説明すると組み込み用Shellです。

導入はLPCのサンプルプロジェクトが入ってるのでEclipseプロジェクトでの導入は楽だろう
しいて言えば

  • uart_getc
  • uart_putc
  • uart_puts

APIがSTMにないのでラッピングして作るのが結構めんどかったりする。

とりあえずlibファイル一式インポートして
f:id:gsmcustomeffects:20170324025400p:plain

指示通りAPIをパースする。

f:id:gsmcustomeffects:20170324025656p:plain

main.cの無限ループ内で以下の記述をする

f:id:gsmcustomeffects:20170324025938p:plain

あとは好きにコマンドなりをサンプルと同じように追加していく

f:id:gsmcustomeffects:20170324030112p:plain

Teratermで確認

適当にコマンド追加してLEDトグルしてみた

f:id:gsmcustomeffects:20170324030243p:plain

まとめ

いやぁ凄いの一言

ここまで簡単に使えてコードサイズが10KB程度って凄すぎでしょ・・・・・・・・
F030で普通に使えるし

コマンド追加も結構楽

あとはデバッグ途中で関数ポインタの範囲でリアルテック氏にご教授いただいたのでもっと勉強します

いままじでクラスの偉大さというものを感じた
(最近のCは構造体の難解集合体だよ・・・・・・・

STM32でUARTをやってみる4(Chanさんのxprintf)

STM32 SW4STM32

今回はやっとこの話題を書いていく。

  • uart_getc
  • uart_putc
  • uart_puts

が必要なのでそれを読んでほしい

gsmcustomeffects.hatenablog.com

Xprintf

組み込み用printfモジュールである。
まあ組み込みだと素のprintfが使えないことが多いしましてやUARTに吐くとなるといろいろな制約がある。
そこでFatFsで有名なChan氏が作ってくれたのである。

詳しくは以下参照

ELM - 組み込み用printfモジュール

導入

ダウンロードされた

  • xprintf.h
  • xprintf.c

をプロジェクトにインポートする。

ファイルからコピーしてペーストするとこういうふうに入る

f:id:gsmcustomeffects:20170324022100p:plain

んでmain.cでインクルード

f:id:gsmcustomeffects:20170324022210p:plain

使ってみる

使い方は結構簡単で上記の送信関数uart_putcをxdev_outマクロに投げるだけだ。
ポインタ形式じゃないのはChanさんが丁寧にマクロ化してくれてるからです

f:id:gsmcustomeffects:20170324022518p:plain

APIは普通のprintfと同じ(xprintfだけど
ちなみに浮動小数点は非対応

f:id:gsmcustomeffects:20170324023134p:plain

Teratermで確認

こんな感じになってればOK

f:id:gsmcustomeffects:20170324023211p:plain

まとめ

今回はUARTのちょっとした利用例とのことでprintfを作ってみたがSTのsampleにも似たようなものがあった気がする(あれば謎

でも汎用モジュールなのでやはりCHANさんが最強w