がれすたさんのDIY日記

電子回路、Python、組み込みシステム開発、自作エフェクターを語るblog

STM32

2019年版 STM32環境構築方法

以前よりSTM32について結構な数の記事を書いてきました。 最近ではAtollicTrueStudioが無料になったり、CubeMXが5.0になったり いろいろ変わった経緯もあり2019年版と題して新しく書いたほうが良いのでは?となったわけです。現状AtollicがSTに買収されてCub…

CMSIS DSP とコンパイル最適化オプション

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 色々試してたらGCCの場合最適化しないとFPU命令呼んでくれないっぽい optimize入れるとちゃんと呼ばれてる i.MX RT1020(CortrexM7 DP FPU)のSQRTしか試してないのであれですが入れとくに越したことはな…

STM32のMCO2からPLLI2Sクロックを出力してみる

今回はSTM32のMCO(Master Clock Output)の機能を使ってPLLI2Sのクロックを出力してみる。 品質はどうなのかわからんけど主に外部オーディオコーディック用のMLCKとかに使えそうな予感通常のMCO1に関しては以前やっている(STM32F3での実施)ので基礎に関し…

STM32CubeProgでUARTを使ったフラッシュ書き換えを試す

STM32に関しては久しぶりですが 今回はSTからリリースされたSTM32CubeProgというソフトについてみていこうと思います。 STM32CubeProg www.st.com簡単に説明するとSTlink utility とかflash loaderとかdfuツールとかそういうのが一緒になってWindows,Mac ,Li…

ARMのData Watchpoint and Trace Unitを使って処理時間計測をしてみよう

毎度おなじみのARM共通の機能を使ってみようの記事です。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); GPIOを使った処理時間の計測 まあオシロスコープがある方はこういう計測方法をよくやると思います。 MCU_GPIO_WRITE(GPIO_PORT_A,GPIO_PIN_13,T…

STM32 ARTアクセラレータで高速化してみる。

stm32 Advent Calendar 2017 16日目の記事です。100MHz越えのマイコン使ってるけど思ったより計算速度が出ない・・・・っていう問題があって色々調べたらフラッシュの速度が原因だった。 そこでSTのARTアクセラレータの機能を使って信号処理の高速化をやって…

STM32のタイマークロックについて

ここ最近タイマーを結構使うようになってクロック源について悩んだのでメモ僕が普段使っているSTM32F7のタイマーのクロック源としてはAPB1、APB2の二つがある。 んでCubeでクロック設定をしている僕は気にしていなかったのだけどたくさん使うようになってど…

STM32のUSBCDCでMicroShellを動かす

前回まででUSBCDC(コミュニケーションデバイスクラス)でVCP(VirtualCOMPort)の動作は確認できたので今回はこれにMicroShellを使える状態していく作業になります。 CDCのやり方はこの記事みてください。 gsmcustomeffects.hatenablog.comやることは 1文字…

WEAKシンボルについて

ここ最近ARM系のお勉強を頑張っています。 今日はWEAK修飾子についてです。 STを例に話すと割り込み後に呼ばれるコールバックってのがWEAKマクロを使って記述されてます。 定義先に行くと __weak void HAL_TIM_PeriodElapsedCallback(TIM_HandleTypeDef *hti…

STM32でSPI通信をやってみる1(ポーリングでマイコン同士で通信編)

今回はCubeHALライブラリを用いてSPI通信をやってみる記事です。STM32のSPIは全二重、半二重、単方向、マルチマスターモードなどいろいろ対応してますが今回は一般的な全二重でやってみようと思います。 Pin Name description MOSI マウターアウトスレーブイ…

STM32でADCをやってみる2(DMAを使ったレギュラ変換)

前回は単一チャンネルの変換を行ったが今回はDMAを使ったものをやって行こうと思う。 とりあえずADCおさらい ADCは変換終了フラグ(EOC)を見てDRレジスタを見に行くことで変換データを得ることができる。上記の図のようにシーケンスの終了でもフラグが立つ…

STM32でADCをやってみる1(レギュラ変換)

今回は一番簡単なやつやってみます。やったことを雑に書くとこんな感じ レギュラ変換 ADC2の1CHだけを使った連続変換 PB4ピンにポテンショメータをつなぎそれを読む 変換値をUARTでTeratermに表示する。 CubeMXでの設定 今回は一個しか読まないのでこのよう…

STM32でCMSIS DSPを使ってみる その1

今回は高速に三角関数とかを計算できるARM社提供ライブラリであるCMSIS DSPライブラリを使ってみる話です。 こいつを使うとsin,cosとかよく使う三角関数やaddとかを高速に処理できます。 そのほかFIR,IIRと言ったデジタルフィルタ用のAPIだったり制御用のAPI…

STM32でUARTをやってみる6(float型printfをUART経由で出力)

何だかんだこのシリーズも6個目ですねw前回まででUARTの基本的な使い方はマスターしたと思います。 今回はCubeMXでの出力は詳しくは解説しないのでまだの方は1から読んでみてくださいgsmcustomeffects.hatenablog.comgsmcustomeffects.hatenablog.comgsmcus…

ARMのソフトウエアトリガ割り込みについて

ARMのソフトウエア駆動割り込みの覚え書きです。ARMの割り込みはNVIC(統合ネスト型ベクタ割り込みコントローラ)で管理されていますがその中でSTIRというレジスタがあります図で言うと赤の部分ですね詳細はこちらになります Write to the STIR to generate …

STM32でI2C通信をやってみる

この記事は現在一緒に開発やってくれてるオカダ twitter.com と共同でデバッグしてた時の記録です。一応動いていますがHALのバグなのか正しい使い方なのかは不明です。やる際は自己責任でお願いします。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});…

STM32のMCO機能を使ってGPIOからクロックを出してみる

MCO機能 マイクロコントローラクロック出力(MCO)機能では、外部 MCO ピンにクロックを出力することができます。5 つのクロック信号のうちの 1 つを MCO クロックとして選択できる。実際の使用例ではNucleoなんかがそうですね、 STLINKのF103からボード上の…

STM32でUARTをやってみる5(MicroShell

こんかいもUARTのネタです中村さん作のMicroShellの話でございます。実を言うと中村さんには一度SignalBottomでお会いしたことがあります。 その時は中村さんの作品を一つしか使ったことなかったので次回お会いできる機会があれば聞いて見たいことをいっぱい…

STM32でUARTをやってみる4(Chanさんのxprintf)

今回はやっとこの話題を書いていく。 uart_getc uart_putc uart_puts が必要なのでそれを読んでほしいgsmcustomeffects.hatenablog.com Xprintf 組み込み用printfモジュールである。 まあ組み込みだと素のprintfが使えないことが多いしましてやUARTに吐くと…

STM32でUARTをやってみる3

前回と前々回でUARTのくっそ簡単な送受信について書いたんだけど今回はグローバル変数いちいち作るのダサいしそんなのあんましつかわんよね見たいな感じだったので LPCマイコンのAPIで用意されてるやつをSTMでも作ってみようということで uart_getc uart_put…

STM32でUARTをやってみる2

はじめに 前回はすごく簡単なUARTのHelloWorldをやったので今回は受信とかやってみようと思う。ちなみに前回の記事はコレgsmcustomeffects.hatenablog.comCubeMXの設定は前回と同じ Ac6での作業 今回やること 'a'を受け取ったらボード上のLEDが点灯 'b'を受…

STM32でUARTをやってみる1

今回は自分用メモでUARTのやり方を書いていく 環境は ボード:Nucleo32 STM32F303 IDE:Ac6 SystemWorkbenchforSTM32 を使うちなみにCubeMXの使い方は結構省いてるのでほんとの初心者はこの辺読んでくださいgsmcustomeffects.hatenablog.comgsmcustomeffects.h…

(自分用メモ)STM32のベーシックタイマー(TIM6/TIM7を使う)

Basic timer (TIM6/TIM7) 見出しの通りベーシックなタイマである。 STの中では一番チープなタイマである。(つか他のが高機能かつ複雑怪奇w 16-bit オートリロードアップカウンタ 16-bit プログラマブルプリスケーラ(1-65535) Interrupt/DMA generation o…