がれすたさんのDIY日記

電子回路、Python、組み込みシステム開発、自作エフェクターを語るblog

KiCad

KiCadのバスについて

導入 KiCadにはメモリバスなどの同種な信号線をまとめるバス機能がある。 バス機能を使うことで回路図の見栄えが良くなったりするので覚えておいて損はない。 今回はそれのやり方とTipsを紹介しようと思う。 使い方 画像のようにローカルラベルをD0~D7を配置…

KiCadのSpice機能で外部モデルを読み込む方法

以前KiCadのspiceに関してこういう記事を書きました。 gsmcustomeffects.hatenablog.comこの記事では導入ぐらいしかやっていなかったので今回はメーカー配布のSpiceモデルの入れ方とかを書こうと思います。 導入 今回は1回路入りのTL082というものを使います…

KiCad : 複数ユニット部品の作り方

導入 近年200ピン以上の高機能なSoCが主流となってきており、ハードウエア開発のレベルも高度化している。 そのようなチップを使った開発では、回路図が肥大化しデバッグ作業もしにくいといった問題がある。そこで多くのEDAツールでは分割シンボルを採用する…

KiCadのライブラリ作成のコツ

最近ライブラリ作成記事が意外に読まれているのでちょっとしたテクニックみたいなやつです。すごい簡単に示すとこんなの 何に使えるかっていうと 連番でたくさんピンを作成したい とりあえずピン数だしてユニットの大きさ把握したい みたいな場面に使えます…

KiCadのインタラクティブ配線

いんたらくてぃぶ? KiCadには配線を効率化する機能がいくつか備わっている。 今回はそれを見ていこうと思う 押しのけ 名前の通りこの配線を邪魔や!お前ってできる機能いままで消して再度配線してた作業がなくなる 使いどころによるが結構便利 衝突ハイライ…

KiCadのSpice機能について

今回1月後半にFOSDEM2017でKiCadのプレゼンがあったわけですがその中でSpice機能がまともに動く感じになってるのを見ました。というわけでなんとなく試してみることにしました。 今回やるのはこういうの はじめに まず部品ライブラリでPSpiceのライブラリを…

KiCadで負論理ピンを書く方法

今回はマイコンとかのライブラリを作るにあたってRESETピンが負論理なものがあってどうやって書くのかなということに対して意外に簡単にできたのでそれの紹介です。 チルダ(~)記号を前につけるだけ! タイトル通り~resetって書くだけでバー表記になりま…