がれすたさんのDIY日記

電子回路、Python、組み込みシステム開発、自作エフェクターを語るblog

Seeed FusionPCBで基板を作った話

タイトル通りの話ですがSeeed FusionPCBで基板を発注した話です。

私自身FusionPCBというサービスを知ってから数年たちますが、最近ではつぎつぎに新しいサービスを展開し非常に勢いのあるメーカーであると感じます。

www.fusionpcb.jp


ブランド紹介も済んだところで早速本題に移りたいと思います。
今回発注した基板は、デジタルエフェクターDSPが載っている基板です。
モノとしては、Baoding Forlinx Embedded Technologyhttp://www.forlinx.net/product/rt1061-44.html)社のFET1061Sを実装するための基板になります。


f:id:gsmcustomeffects:20200807153256p:plain


届いた基板がこれ

f:id:gsmcustomeffects:20200807204013p:plain

捨て基板は折ってしまっていますが特に問題はないです。
基板自体の品質ですが、シルクもレジストもかなりきれいに仕上がっています。

今回は基板+ステンシルも頼んだので13.8$(4.9 + 8.9)
配送は新しくできたJapanDirectLineを利用して12.38$
合計で30$いかないで基板が作れてしまった。
個人的にJapanDirectLineが導入され、送料が17$→12.38$程度まで下がったのが大きいといえる。

配送時間だが、発注からの流れを張っておくので参考までに・・・・・
f:id:gsmcustomeffects:20200807160244p:plain

以上Seeed FusionPCBに基板を発注した話でした。

参考

Seeedのエンジニアが書いているブログは新サービス情報などが手に入るので非常にお勧めである。
FusionPCB-配送データ大披露! | Seeed FusionPCB