がれすたさんのDIY日記

電子回路、Python、組み込みシステム開発、自作エフェクターを語るblog

RIGOLのオシロがめちゃくちゃ安くなっている

お久しぶりです。
Amazonを見ていたら正規代理店出品でRIGOLのオシロが買えるようになっていたのでそれの紹介

f:id:gsmcustomeffects:20210501154018p:plain
よく見てみるとエントリーモデルDS1102Z-E33000円からとなっており初心者でも十分に手を出せる価格になっています。
スタンドアロンオシロスコープで33000円と破格であるが・・・・ちゃんと使えるのか?スペックを軽くさらってみると

  • 帯域100MHz
  • 2CH
  • UART,I2Cなどのシリアルデコード機能を標準装備

といったように最近の電子工作に必要な機能はそろっているように感じる。
オシロスコープが欲しいけどはじめての一台でなにを選んでいいかわからないという方にはDS1102をぜひお勧めしたい。
ちなみに私の一台目はRIGOLの1054Zというモデルを選んだが、今はもっと多数のラインナップがあるので必要なスペックを吟味しながら選んでもらえたらよいと思います。


個人で買えそうなものをざっとまとめてみたので興味のある方は参考にしてみてください

私は、最近MSO5074を購入しましたが、オプション無料キャンペーンを行っているのでファンクションジェネレータ、プロトコル(UART,SPI,I2C,I2S,LIN,CAN,FlexRay)88000円分相当がついてくる。
気になる方は、調べてみてください。

余談

他の中華系計測器メーカーだとSiglentやHantekというメーカーもある。

Hantekに関してはAliexpressに公式ストア?が存在するのでそこから購入可能です。
本ブログでも紹介していますがハンドヘルドタイプのHantek2D72(ブログ記事はこちら)なんかは2万以下で購入できるのでちょっとした電子工作のデバッグに非常に有効だと思います。

ベンチトップタイプだと26000円ぐらいでHantek DSO2000 Seriesというものがリリースされているみたいです。


Siglentに関しては、SDS1104X-U(100Mhz,4CH)というモデルが399$からということで比較的良心的価格ですね。
シリアルデコード機能( IIC, SPI, UART, CAN, LIN)もあるみたいです。

あと初心者価格から外れてしまいますが、SDS2000X Plusというモデルが比較的新しいモデルとしてラインナップされています。
機能としてはRIGOLの最新オシロMSO5000シリーズを意識した形になっており画面タッチに対応したりファンクションジェネレータ、ロジックアナライザ機能がオプションとして用意されています。